シミができる原因を知って対策に乗り出そう

意外と知られていないシミの豆知識

通常シミはスキンケアで薄くしますが、ある説では運動で血流の流れをよくし、シミを改善できるのではないかと囁かれています。くすみの改善に繋がるので、顔全体の印象は確実にアップするでしょう。

シミを作り出す原因

  • 日焼けや肌の乾燥によるもの
  • 食生活の乱れ
  • 妊娠によるホルモンバランスの崩れ
  • 間違ったスキンケア

シミができる原因を知って対策に乗り出そう

レディ

シミの種類はこんなにある

最も多いのは、老人性色素斑です。加齢によるもので、繰り返し紫外線に当たると発生します。若い時に対策しないと、メラニンが蓄積され、30代からシミがぽつぽつと出始めます。人によって形や大きさが異なる炎症性色素沈着は、ニキビ跡がそのままシミになった状態を指します。一時的に症状が出るので、シミ専用の化粧品でスキンケアをすると大体は消えます。他にも左右均等に出現する肝斑やそばかすも、日ごろから対策すれば悪化を防げます。

微笑む人

できてしまったシミに有効な対策法とは

よく耳にするのは、肌のターンオーバーを促すことです。28日周期で肌は新しく生まれ変わりますが、不規則な生活ばかり続けると、ターンオーバーが遅れてしまい、シミができやすくなります。また、外出する際はこまめに日焼け止めを塗りなおす、日傘をさすなど徹底した対策が必要となります。

肌の手入れ

化粧品で薄くする手もある

日焼け対策や食生活の改善だけでなく、シミを予防したり改善したりする化粧品でスキンケアすることも大切でしょう。シミ化粧品には、シミの原因となるメラニンの活動を抑制する他、ビタミンC誘導体が新陳代謝を高めるため、肌の内側から美しくなります。

スキンケアの正しい流れ

手

まずはクレンジングで汚れを落とす

クレンジングで汚れを落とすのは基本中の基本です。ウォータープルーフタイプのメイクは、ポイントメイク専用のものを使うか、もしくは、目元だけ先にクレンジングするとスムーズに終わります。

洗顔をする

現在は、ダブル洗顔不要のクレンジングが中心なので、この場合は不要です。洗顔が必要な場合は、ぬるま湯でしっかり温めて泡立てましょう。ごしごしするのではなく、泡で洗う感じがベストです。

化粧水や美容液を肌に浸透させる

化粧品を手か、またはコットンに含ませて肌に塗布します。パッティングの際は、なるべく力を入れないのがポイントでしょう。逆にこすりすぎると、肌が傷ついてしまう恐れがあります。美容液は肌で最も気になる場所に馴染ませる感じでOKです。

乳液&クリームで蓋をする

水分が蒸発しないよう、乳液やクリームを肌へしっかり馴染ませます。両手で肌を包み込むように浸透させるといいでしょう。乳液の中には、先に付けて肌を柔らかくするという新しいタイプが登場しているので、商品の使用方法を守ってスキンケアに役立ててくださいね。